「外国人出会い系サイト」に日本人女性がハマるワケ ゲーム感覚、非日常求め… (1/2ページ)

2015.08.25

 女性をシートにくるみ、生きたまま海に沈めたとみられる衝撃の事件。今月初旬、死体遺棄容疑で逮捕された横浜市在住の米国籍、グレゴリー・グモ容疑者(41)の鬼畜ぶりがクローズアップされているが、驚くべきは、外国人男性を中心とした出会い系サイトの実態だ。同種サイトは複数あり、日本人女性の利用者も増えているという。女性たちが、危険な外国人にハマるワケとは…。

 グモ容疑者は7月28日ごろ、三浦市三崎町小網代(こあじろ)の小網代湾に都内の化粧品販売員、秋田谷まり子さん(42)の遺体を遺棄した疑いが持たれている。容疑を否認しているが、事件直前、2人が車に乗っている様子が映った防犯カメラの映像などが逮捕の決め手となった。

 日本人女性と結婚し、3人の子供の父親だったグモ容疑者。一方、秋田谷さんとも出会い系サイトを通じて知り合い交際していたとされる。英国への留学経験もある秋田谷さんは英語が堪能で、関係は急速に深まったとみられるが、この手軽な出会いが、命取りとなってしまったのだ。

 実は、外国人ユーザーが多い出会い系サイトは近年、「外国人と出会える」と日本人女性に人気があるという。

 都内に住む会社員の女性(33)も昨年、「こんなに長い間、東京に住んでいるのに出会いがない!」と、米国発の出会い系アプリに登録した。英会話の勉強をしたい、という気持ちも強かった。

 自分の半径数キロ以内にいる異性の顔写真が表示され、「×」(NO)「(ハートマーク)」(YES)とボタンを押すだけで、「好みかどうか」を伝えられる。相手も「(ハートマーク)」だとメッセージのやりとりができ、「ゲーム感覚で楽しかった」という。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。