山口組のゴミから猛毒のフッ化水素検出 山口組総本部を家宅捜索

2015.08.26


山口組総本部の家宅捜索に入る兵庫県警の捜査員ら=25日午後、神戸市【拡大】

 神戸市東灘区の民間の産業廃棄物処理施設で3日、ポリタンクに入っていた猛毒のフッ化水素酸(フッ酸)の液体から気化したガスを吸って、作業員ら14人が軽症を負う事故が起きていたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

 ポリタンクが神戸市灘区の指定暴力団山口組総本部からごみとして出されていたことも判明。兵庫県警は同日午後、廃棄物処理法違反事件の関係先として、山口組総本部を50人態勢で家宅捜索した。捜査関係者によると、ポリタンクは、同本部から灘区の産廃業者が回収。業者の処理手続きなどに問題があった疑いがあるという。

 フッ酸は毒劇物取締法の指定毒物で揮発性の液体。腐食性が強く、ガラスの艶消しなどとして広く利用されている。常温で気化し、気体を吸うと呼吸困難などを引き起こし死に至る危険性がある。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。