中国経済急落と爆買い不動産 自国の政治を信用していない中国富裕層 (1/2ページ)

2015.08.27

この“爆買いバス”の列が消えぬ限り、都心の土地バブルははじけない?!
この“爆買いバス”の列が消えぬ限り、都心の土地バブルははじけない?!【拡大】

★中国経済急落と爆買い不動産

 先日、待ち合わせ場所の銀座にタクシーで向かったら、銀座中央通りで動かなくなってしまった。そう。お察しの通り、“爆買い”中国人を乗せたバスが2車線のうちの1車線をズラーッと占領していたからだ。結局、待ち合わせには遅刻してしまった。

 中国人の目当ては銀座7丁目の免税店のラオックス銀座本店と8丁目のドン・キホーテ銀座本館。朝10時から夜9時の閉店まで、入れ代わり立ち代わりやってくる。

 −−ギリシャの債務危機をきっかけにした世界同時株安の余波で、上海など中国の株式市場は6月からの1カ月で株価が3割も急落した。さらに、中国は8月11日から3日連続で人民元の為替レートの基準値を引き下げた。人民元の価値を安く誘導して輸出を支えようとしたわけだ。

 この人民元ショックの影響で、東京の株式市場では、輸出が減ると懸念された自動車や機械、資源関連株のほか、化粧品や百貨店、家電量販店など“爆買い銘柄”も一瞬値を下げた。しかし、私が銀座で見たとおり、爆買いは変わっていないように思える。

 この13日に発表されたラオックスの2015年6月中間決算は、爆買い中国人のおかげで、売上高は前年の2倍強の451億円、純利益は79倍の46億円だった。ラオックスは「中国株の急落や人民元の切り下げの影響は小さく、訪日客はまだ増える」と強気だった。

 私が信用する投資のプロも、「中国の株価はいままでが上がり過ぎで、それが正常に戻っただけ。日本に影響はない」と語っていた。では、私の専門分野でもある東京の不動産市場への影響はどうか?

 爆買いとまではいかないものの、中国人富裕層の都心の不動産購入はいまも続いている。なぜ中国人は日本の不動産を所有するのか?

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。