山口組、分裂の真相 山健組などが離脱、新組織結成へ…抗争の恐れも (3/3ページ)

2015.08.28


篠田建市・山口組6代目組長【拡大】

 捜査関係者は「楽観視はしていないが、時代や法律も違う」と指摘し、こう解説する。「新組織が結成されれば暴対法に基づいて暴力団として指定する。2012年の暴対法改正で、指定暴力団のうち抗争状態にあり、市民の身体に重大な危害を加えるおそれがある場合、『特別抗争指定暴力団』に指定できるようになった。指定されると、組事務所への立ち入りができないほか、警戒区域内で組員が5人以上で集まるだけで即逮捕できる。むしろ山口組壊滅のチャンスだととらえ、捜査を強化していきたい」

 元山口組系組長も「昔のような大きな抗争はない。というか、できないし、そんな力もない。6代目体制は歴代組長の墓参りを欠かさないなど、表向きは任侠道にのっとっているようだが、5代目体制以上に拝金主義がはびこっているうえ、仲間をスパイするなど内情はひどい。今回の騒動にあきれて引退する者も出てくるのでは」と話す。

 山口組は9月1日、総本部で直系組長らを集め、定例会を開く予定だ。どんな通達が出されるか、注目される。

 ■山口組 神戸市を拠点とする国内最大の指定暴力団。山口春吉組長が1915年に結成、実子の登組長が25年に2代目となり、労働者供給事業で資金を得ていた。戦後就任した3代目の田岡一雄組長が全国勢力に拡大させた。警察庁によると、2014年末時点で、山形、広島、沖縄を除く44都道府県に進出。構成員は約1万300人で、準構成員らを含めると約2万3400人。全国の暴力団関係者の約43%を占める。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。