山口組“2兆円抗争”勃発 シマとシノギ奪い合い 学習塾まで…様々な業界に魔の手 (3/3ページ)

2015.09.04


篠田建市組長率いる山口組の巨額ブラックマネーをめぐり、抗争に発展しかねない情勢だ【拡大】

 しかし、須田氏は「見かけ上、ヤクザの数が減っているのは確かだが、それが組織の衰退につながるとは一概には言えない。盃を受けて組に入ると、さまざまな制約が出てくる。そのため、わざと正式な組員にならずにシノギの場面だけに関わる周辺者もいる」と解説。当局の目を逃れるため、偽装破門も横行し、かえって実態を把握しづらくなっているという。

 「特に弘道会は、暴対法の制約を受けない周辺者と巧みに連携してさまざまな業界に手を伸ばした。飲食店以外にビジネスホテルや風俗店、学習塾の経営に関与するなどして利益を得ている。リターンが大きい債権回収や地上げなど従来の『太く短い』シノギに加え、『細く長い』シノギを確保している。いまだに豊富な資金力を備えているとみていい」(須田氏)

 裏社会の利権をめぐって血みどろの抗争が始まるのか。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。