M7級の前兆か…早朝襲った地震の震源は「東京湾」 首都直下型のリスク継続 (1/2ページ)

2015.09.12


首都圏全域を揺らした今回の地震。東京・銀座や湾岸エリアでも震度3〜4の揺れを観測した【拡大】

 週末の都心に戦慄が走った。12日午前5時49分ごろ、東京都調布市で震度5弱の地震があった。埼玉、千葉、神奈川各県で震度4を記録し、宮城県から岐阜県までの広い範囲で揺れを観測した。気象庁によると、震源地は東京湾で、震源の深さは約57キロ。マグニチュード(M)5・2と推定される。M7級の直下型地震が警戒される首都圏で起きた地震。専門家は「同じエリアでより強いM7・3の大地震が起きる危険がある」と注意を呼び掛けている。

 早朝、眠気を吹き飛ばすような強い揺れが首都を襲った。

 千葉県松戸市消防局によると、市内の女性(69)がベッドから転落し、左腕を骨折した。

 東京消防庁によると「エレベーターが停止した」との通報が午前7時まで5件あり、JR八高線北八王子駅と西武線東久留米駅で一時、人が閉じ込められたが、いずれも救出。世田谷区経堂では、建物の配管に亀裂が入り、水があふれ出た。転倒や物が落ちてくるなど、東京都下で12人が負傷したという。

 東京メトロは一時全線で運転を見合わせたが、同5時52分ごろ、運転を再開。JR武蔵野線では速度規制を同7時30分ごろに解除したが、一部ダイヤに乱れが出た。

 東海道、東北、秋田、山形、上越、北陸各新幹線は通常通り運行した。

 政府は、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。

 気象庁によると、この地震で調布市で最大震度5弱、千代田区や新宿区、目黒区、世田谷区などで震度4を記録した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。