熊谷6人殺害事件のペルー人容疑者、兄は25人殺しの“殺人鬼”

2015.09.18


ナカダ容疑者が書いたとみられる「血文字」が見つかった死亡した田崎稔さん方=埼玉県熊谷市【拡大】

 埼玉県熊谷市の住宅3軒で計6人が殺害された事件で、14日に刺され死亡した50代夫婦の自宅現場に、血で書かれた外国語のような文字が残されていたことが分かった。県警は、ペルー人の住所、職業不詳、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者(30)=住居侵入容疑で逮捕状、意識不明=が書いた可能性があるとみている。ナカダ容疑者の実兄がペルー史上最悪とされる大量殺人事件を起こしていたことも判明。容疑者の精神状態に影響を与えた可能性があるとして、兄の事件にも注目が集まっている。

 現地の報道によると、ナカダ容疑者は10人兄弟の末っ子で、上から4番目の兄、ナカダ・ルデナ・ペドロ・パブロ服役囚(42)は2005〜06年にペルーで計17人を拳銃で射殺するなどしたとして07年に懲役35年の刑が確定。09年に精神疾患があると判断され、治療を受けている。事件は現地で“死の使徒”と大きく報じられた。

 パブロ服役囚は実際に殺害したのは25人と明かし、動機を「世界を浄化するために、神の命令で薬物中毒者や売春婦、同性愛者らを殺した」と供述。現地報道によると、複雑な家庭環境で育った。父はアルコール依存症で両親のけんかが絶えず、幼い頃から家族に虐待され、兄たちからは性的虐待を受けたという。犯行前の03年には、日本に行くことを考え、「ナカダ」という名字を取得したという。

 フジテレビの取材に対し、ペルーに住むナカダ容疑者の姉は「弟は普通だったが、日本に行って精神的に病んでしまった。『誰かに追いかけられている、自分は殺される』と言っていた」と証言。容疑者は以前、兄の殺人を目撃し、精神的にショックを受けていたとも明かした。

 県警も同様の証言を把握しており、今後、精神鑑定が必要になる可能性もある。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。