地震的中の早川正士氏 次は福島沖から房総沖でM5・0前後と予測 (1/2ページ)

2015.09.24


東日本大震災の津波による甚大な被害=宮城県気仙沼市、2011年3月13日【拡大】

 未曾有の被害を生んだ東日本大震災からこの9月で4年半が経過した。その間にも日本列島各地には強い揺れがたびたび起こり、人々の生活に不安の影を落としている。「せめて、事前にいつ起こるか分かれば」という願いは地震大国に住む誰しもが抱くところだ。だからこそ、幾度も地震予知を成功させてきた科学者の警鐘は、夕刊フジ紙上で大きな反響を呼んできた。今回はその驚異的な的中例を振り返りつつ、次に警戒が必要な最新情報を一挙公開する。

 今年5月13日早朝、宮城県沖を震源に、「3・11」の余震とされるマグニチュード(M)6・8規模の地震が発生。岩手で最大震度5強を観測するなど被災地は再び緊張に包まれた。

 この地震に先立つ8日前の同月5日、電気通信大学名誉教授で、日本地震予知学会会長の早川正士氏は、自身が主宰する地震予測情報サービス「地震解析ラボ」(会員制サイト)で、「8日〜19日の期間に内陸でM5・0前後、海底でM5・5前後」が岩手県から福島県の間で起きると発表。時間と震源地をピタリと当てることに成功した。

 早川氏は、いわゆる地震学者とは一線を画し、工学博士としての立場から地震予測を試みている。同氏が着目するのは地上60キロから800キロのところに存在する「電離層」だ。

 「地震が起こる約1週間前、地殻に前兆現象としてヒビ割れが起きる。このヒビが電磁波を発生させ、地球上空の電離層に作用する。電離層は電磁波の影響を受けると地上に数キロ近づく。地上から送信される電波は電離層ではね返り、再び地上で受信されるため、異常があった場合は、電波の送受信がいつもより短時間で行われることになる」(早川氏)

 各観測所で得られた異常を示すデータを基に地震の震源地と発生時期、規模を予測している。

 早川氏の理論は地震発生の約1週間前に異変を感知し、ピンポイントで警鐘を鳴らせることが、従来の長期予報と大きく異なる点だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。