民主・津田センセイの“女性暴行”に議員もメディアも騒がない不思議 (1/2ページ)

2015.10.01


自民党の大沼氏(写真中央)に手をかける民主党の津田氏(大沼氏の真上)=(大沼事務所提供)【拡大】

 エグかったのう…安保関連法案をめぐる国会…与党の“強行採決”のことやないで。それを中継しとった民放テレビの偏向ぶり、中国の中央テレビもかくや、の左マキっぷりのことや。NHKぐらいちゃうか。賛成のデモも(公平に)放映しとったんは。

 それに野党のセンセイ方。やりたい放題やないか。特に、自民党の大沼瑞穂議員に“襲いかかった”民主党の津田弥太郎センセイの暴れっぷり。あれはセクハラというレベルやない。完全な暴行やで。

 名前は同じ「みずほ」でも見苦しいのは社民党の福島瑞穂センセイはじめ野党のオバサン議員らや。そろいのハチマキで徒党を組み、自民党の男性議員に自ら“肉弾攻撃”をしかけて、「セクハラや」とキャンキャンほえとった。

 映像見たら、津田センセイ、議場のスミの方で後から大沼議員を羽交い締めにして、引きずり倒しとるやないか。大沼議員が与野党議員攻防の最前列で体を張ってたんやったらまだわかる。けど、暴行現場は議場のスミや。まるでカメラの死角狙うような所作やで。

 せやけど最近のカメラは優秀や。映像見たら近くには目撃者のセンセイ方もぎょうさんおる。暴行魔っぷりがバッチリや。これ、自民党が参院で問題にしようとしたらあの蓮舫センセイがどないいうた? 「泥沼になる」やて?

 蓮舫センセイあの映像見たの? キャンペーンガールやっとったとき、あんなことジジイにやられたら間違いなく警察に突き出してなかったか? 相手が自民党やったら、たとえか弱き女性がいじめられても見て見ぬふりか。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。