【護憲派を斬る】民主主義を殺した卑劣なルール違反 目的が正しければ暴力も正当化 (1/2ページ)

2015.10.11


女性団体が警視庁麹町署に提出した告発状【拡大】

★(5)

 護憲派メディアの罪は重い。安全保障関連法案や、与野党5党の合意内容を報じるべき時間を割き、学生グループ「SEALDs(シールズ)」らの絶叫を繰り返し報道した。女子高生の叫び声も垂れ流した。

 選挙権すら持たない高校生や10代の大学生らの無内容な連呼に報道価値があるのだろうか。

 シールズの発起人はマスコミの寵児(ちょうじ)となったが、彼らに被選挙権はない。国会議員となる法的資格を欠く若者を、国会に参考人として呼ぶ野党がある。重用する放送局がある。なんとも不思議な感覚ではないか。護憲派タレントや文化人もこぞって若者を持ち上げた。

 学生らは、国会議事堂周辺でデモを繰り広げ、拡声器を使い、一国の首相を「バカ」呼ばわりし、「戦争法案、絶対反対」と連呼した。大学教授までが「お前(総理)は人間じゃない。たたき斬ってやる」と絶叫した。侮辱罪(拘留又は科料)や、脅迫罪(3年以下の懲役)に抵触しかねない暴言である。

 発言内容の前に、国会議事堂等周辺地域及び外国公館等周辺地域の静穏の保持に関する法律で、「当該地域の静穏を害するような方法で拡声機を使用してはならない」(第5条)と定められている。民間人に例外として許されるのは、選挙運動や災害時の使用だけ。警察官の是正命令に違反したら「6カ月以下の懲役又は20万円以下の罰金」(同第7条)だ。

 軽い罪ではない。憲法を守れと叫ぶ前に法律を順守してほしい。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。