【痛快!テキサス親父】国連やユネスコの露骨な政治利用には断固として「NO!」を貫け (1/2ページ)

2015.10.16


マラーノ氏は、日本の友人らとパリのユネスコ本部に乗り込んだ=今年7月【拡大】

 ハ〜イ! みなさん。ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界記憶遺産に、中国が申請した「南京事件(大虐殺)文書」が登録されたようだな。俺と日本の友人は今年夏、「慰安婦」と「南京事件」の文書などの登録を阻止するため、反論書簡を持って、パリのユネスコ本部に乗り込んだ。慰安婦資料の登録が見送られたのは良かったが、南京事件についてはとても残念だ。

 俺は慰安婦問題については、米国や日本の資料を調べて、「慰安婦は性奴隷ではない」「日本と日本人を貶めるプロパガンダだ」と確信している。南京事件については現在、必死に勉強している最中だ。

 ただ、日本の歴史専門家の「当時、南京の人口は20万人程度だったのに、30万人もの市民が虐殺されて、1カ月後には25万人に増えていたのは、おかしい」という説明は理解できるぜ。過激派組織「イスラム国」が勢力を拡大するシリアから多数の難民が流出しているように、虐殺があった地域の人口が増えることはあり得ないからな。

 日本のメディアによると、事件の証拠とされる写真は捏造が確認されたり、事実関係が違っていたり、不自然に加工されているという。南シナ海の岩礁を勝手に埋め立てて「自分たちの領土だ」と強弁している中国のことだ、単純に信じることはできないぜ。

 そもそも、日本人は国連やユネスコを信用しすぎる。

 国連は、世界各国のエゴや利害がぶつかり合う、極めてドロドロした場所だ。その醜悪さは、慰安婦問題で身に染みたはずだ。「日本=悪」というレッテルを貼りたい日本人や韓国人、外国人たちが、国連を利用してきた。大体、国連のトップは韓国人の潘基文(パン・ギムン)国連事務総長だしな。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。