業界覆う悪習 残業嫌い効率優先か 前代未聞の三井不動産の傾斜マンション (1/2ページ)

2015.10.17


三井不動産レジデンシャルによる説明会に参加する住民ら=15日、横浜市都筑区【拡大】

 業界最大手、三井不動産グループが販売したマンションが傾くという前代未聞の事態に住民を含む関係者の怒りは収まらない。不正建築に走った施工関連会社が関与した物件は最大で3000棟に及ぶ可能性があり、今月中にも対象物件に関する概要が公表されるという。専門家ですら「あの姉歯事件以上の大スキャンダル」と驚きを隠さない今回の“事件”。杜撰な工事を行った施工関連会社の実態と工事現場の悪しき慣習とは−。

 横浜市の大型マンション「パークシティLaLa横浜」が傾いた問題で、事業主の三井不動産レジデンシャルは、傾いている1棟だけでなくマンションを構成する他の3棟も含めた全4棟(計705戸)の建て替えを検討することを決めた。部屋の買い取りなどの補償や建て替え完了までの仮住まいの費用負担にも対応するという。

 物件を傾かせる原因をつくったのは、施工を担当した三井住友建設の孫請け会社で、旭化成が親会社の旭化成建材。杭打ち施工を行う前の地盤調査でデータを偽造し、その結果、実際の工事で何本もの杭が強固な「支持層」に届かない事態を招いた。

 親会社の旭化成は、旭化成建材が関わったマンションや商業施設など最大3000棟について、今月中にも概要を発表する方針。物件名などは非公表になる見通し。

 問題を起こした旭化成建材は、1976年に旭化成工業(現・旭化成)から分離して設立、従業員は約850人を数える。

 基礎設計の大手として知られ、工事の請負のほか建築資材、断熱材などの製造販売も手がける。民間信用調査会社によると、昨年度の売上高は約643億円。ホームページにある「建築・土木用基礎のパイオニア」「安心・安全・環境に優しい基礎工法を提案します」との言葉が、いまとなっては寒々しい。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。