沖縄に米軍基地がなくなったら中国人が大挙してやってくる 尖閣に釣り船編 (1/2ページ)

★尖閣に釣り船編

2015.11.05


沖縄に米軍基地がなくなれば中国の影が増大することは反対派も感じている【拡大】

 1960年代、麻布自動車の躍進とともに、趣味で始めた船もボートからクルーザーへと大きくなっていった。三浦半島の「佐島マリーナ」を所有した森繁久彌さんとも知り合い、森繁さんを会長にして、釣り好き十数人の「幸漁会」なるグループも作った。

 「三宅島でカツオやカンパチが大量に釣れる」という話に、森繁さんは「よし、行こう。どうせなら、漁船を造ろう」と言い出した。そこで、メンバーがそれぞれ200万円ずつ出し合い、約2200万円で漁船を改装し、「幸漁丸」という名前をつけて、三宅島に向かった。驚くほどカツオが釣れた−−。

 先日、自民党の某元大物幹部が「釣り船を造った経験があるナベさんに紹介したい人がいる」と、沖縄某市の市議を連れてきた。この市議は「石垣島から尖閣諸島に釣り船を出す商売を後押ししたい。ついては、いろいろ教えてください」と言う。

 詳しく聞くと、「幸漁丸」のときのようなカネの集め方をしたいという。「いまどき、そういうやり方で集めるのは難しいよ」と言ったが、自信があるようだった。

 商売にしたいのなら、かなり大きな釣り船を用意して、船で寝られるようにしなければならない。かつて私たちが改装したカツオ船は16人分のベッドを入れた。

 その後、熱心に何回もやってきたので、私は造船所などに問い合わせた。すると、沖縄の海は荒れ具合が違うので、300〜400トンの釣り船を用意しなければならないという。かつて私たちが所有していた釣り船は100トン程度。値段も3倍以上かかる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。