マスコミ各社の自己検閲が終わるとき 日本は真の民主主義国家に (1/2ページ)

2015.11.14


ギルバート氏は「1万人大会」で憲法改正を訴えた=10日、東京都千代田区、日本武道館【拡大】

 民主主義を採用する先進国は、世の中の事実をどのように解釈するのか、国民の自由に任せている。前提として正確かつ公平で、偏向のない事実が、幅広く国民に知らされている必要がある。

 合衆国憲法が修正第1条で「言論の自由」を保障した理由は、民主主義と言論の自由が、表裏一体だからである。

 中華人民共和国(PRC)の習近平国家主席と、中華民国(台湾)の馬英九総統が7日、シンガポールで初の首脳会談を行った。

 これを受けて、複数の大手マスコミが、PRCと台湾の関係について、「中台分断から66年」と報じたが、誤解を招きかねない不正確な報道である。

 1945年8月に日本がポツダム宣言を受諾するまで、台湾は日本領だった。敗戦により、日本が台湾の領有権を放棄した後、蒋介石率いる中華民国(国民党)政府が台湾に上陸し、台湾は事実上、中華民国領になった。

 その後、中国大陸で再開した「国共内戦」に敗れた国民党は、台湾に逃げ込んで現在に至る。この時の根本博元陸軍中将のエピソードは最高だが、また別の機会に書く。

 中台間には、共産党政府が、国民党政府から大陸の領有権を奪った歴史があるだけで、ドイツや朝鮮半島のような「分断」の悲劇はない。

 台湾が「親日国」なのはご存じだと思う。台湾人は日本の統治時代、台湾が大いに発展し、とても幸福だった事実を素直に認めて感謝している。恩をあだで返し続けるPRCや韓国とは大違いだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。