マスコミ各社の自己検閲が終わるとき 日本は真の民主主義国家に (2/2ページ)

2015.11.14


ギルバート氏は「1万人大会」で憲法改正を訴えた=10日、東京都千代田区、日本武道館【拡大】

 東日本大震災の後、最終的に200億円を超える最大額の義援金を日本に送った「国」は台湾なのだが、マスコミ報道が少なかったせいか、この事実を知らない日本人も多い。

 毎日、さまざまな出来事が起きるなか、マスコミ各社には何を報じ、何を報じないのか選択権がある。

 しかし、自社が支持する特定のイデオロギーに沿う事実だけを選んで報道するのなら、それはもはや報道機関ではなくプロパガンダ機関である。

 東京都千代田区の日本武道館で10日、「今こそ憲法改正を! 武道館1万人大会」と題した集会が行われ、私も壇上に立った。1万1321人の礼儀正しい紳士淑女が、日本全国から集結した。

 産経新聞と朝日新聞は大きく、NHKは小さくこれを報じたが、その他マスコミ各社の報道は現時点まで見ていない。

 彼らの自己検閲が終わるとき、日本は真の民主主義国家になれる。

 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。自著・共著に『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』(PHP研究所)、『素晴らしい国・日本に告ぐ』(青林堂)など。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。