安政地震が示す首都直下型の恐怖 震源浅くても強い揺れ遠くまで伝わるメカニズム (1/2ページ)

2015.11.27


1855年の安政江戸地震を伝える瓦版(東京都立中央図書館特別文庫室所蔵)【拡大】

 11月は日本の内陸で起きた地震としては最大の人的被害を生んだ安政(あんせい)江戸地震が起きた月だ。

 1855(安政2)年に起きて、江戸(いまの東京)を襲ったこの地震の死者数は、阪神淡路大震災(1995年)を超える1万人以上だったのではないかと考えられている。

 地震のマグニチュード(M)や震源の場所や深さは正確に分かっているわけではない。

 日本で地震計による観測が全国をカバーして始まったのは1926年だから、それ以前の地震の震源の位置や深さ、Mを決めるのは多くの地震史料を集めて推定しなければならないので大変なことなのだ。

 震源は被害の広がりから決めた。安政江戸地震では被害が大きかったのが江戸城の外堀に囲まれた区域で、老中や大名の屋敷が立ち並んでいたところだった。液状化の被害もあった。研究では、震源は隅田川の河口付近とされた。被害は直径20キロほどの狭い範囲に集中していたが、そこにちょうど江戸の下町があったのが不幸だった。

 安政江戸地震のMは以前は6・9とされてきたが、近年の研究ではMはもっと大きく、7・1〜7・2クラスではないかと考えられるようになっている。つまり阪神淡路大震災よりわずかに小さいだけの、直下型地震としては大きな地震だった。

 首都圏は北米プレートに載っているが、そこに東から太平洋プレートが潜り込み、その2つのプレートの間に南からフィリピン海プレートが潜り込んでいるという複雑な構図になっている。つまり「地震を起こす理由」が多い。

 このうちのどのプレートが安政江戸地震を起こしたのかはナゾだった。震源の深さを正確に知らなければそのナゾがとけない。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。