“チン切り”裁判で衝撃 笑いながら「切ったんです」 ドロドロの愛憎劇 (1/2ページ)

2015.11.27


不倫デートの現場となった高尾山(写真と本文は関係ありません)【拡大】

 世の男性を震え上がらせた“チン切り”事件の裁判に衝撃が走った。弁護士の男性(42)の局部を切断したなどとして、傷害などの罪に問われた元プロボクサーで元慶応大法科大学院生、小番一騎(こつがい・いっき)被告(25)。26日の第2回公判で、検察側が小番被告の妻と被害者男性との赤裸々なW不倫を明らかにしたのだ。しかも、最初の性交は弁護士事務所。性的関係を強要されたという妻の嘘を真に受けて小番被告は逆上してしまったことになる。

 「あれ、ここどこ。何で血、出てるの」

 8月13日、被害者男性の弁護士事務所(東京都港区)で惨劇は起きた。

 検察の冒頭陳述によると、男性は小番被告に数回殴打され、意識がもうろうとするなか、枝切りばさみで陰茎を切り落とされた。その後、男性は錯乱した様子でこう言ったという。

 小番被告は事態を把握しきれない男性に笑いながら「切ったんです」と告げ、「(妻を)強姦したからです」などと言い放つ。切られた局部は近くのトイレに流され、男性の陰茎は1センチほどしか残らなかった。男性は現在、小便器での排尿が困難で生殖機能は完全に失われたとされる。

 前代未聞の犯行に至る経緯には、男性と、男性の秘書として弁護士事務所で働いていた小番被告の妻が関係している。

 昨年12月末、すし店で食事を取った男性と妻は、弁護士事務所で初めて肉体関係を持った。

 今年1月にはステーキ店で食事し、カラオケ後にラブホテルへ。翌月は鳥鍋料理、3月はそば店、5月はイタリアレストランでの食事後に性交。7月には「蛍を見に行こう」と男性から誘った高尾山でのデート後、ラブホへ。部屋でコスプレ衣装の体操着とブルマを借りた。性交回数は計6回にわたる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。