スキーバス転落 不可解な“異常運転”の形跡 転落直前にも大きく揺れ

2016.01.16


運行会社「イーエスピー」から、家宅捜索を終えて出てくる捜査員【拡大】

 長野県軽井沢町の国道バイパスから大型バスが転落し、将来のある大学生のスキー客ら14人が死亡した事故で、現場には片輪走行のタイヤ痕など、異常運転の形跡が残されていた。運行会社では、数々の法令違反も発覚している。「平成に入って最悪」といわれるバス事故の原因として、長野県警や国交省は、ずさんな管理体制や無謀運転、整備不良など、さまざまな可能性を視野に調べている。

 「やばい、やばい、やばいー」

 15日未明、転落直前の車内には、こんな叫び声が響いた。乗客はバスの荒い運転に脅えていた。

 県警によると、バスは左カーブに転落する約100メートル手前で、左側のガードレールに接触していた疑いが浮上した。事故前、左右に大きく揺れたという乗客証言とも一致する。ガードレールとの接触で、走行が不安定になり、転落につながった疑いも出てきた。

 ツアー会社が用意した行程表では、目的地へは高速道路を使う予定だったが、バスは国道18号碓氷バイパスで事故を起こした。別ルートを選んだのは運転手の「裁量」とみられている。

 亡くなった運転手2人のうち、事故当時ハンドルを握っていたのは土屋広運転手(65)とされる。昨年末、運行会社イーエスピーの契約社員になったばかりで、これまで計4回しか勤務してなかった。以前勤めていた会社でもバスを運転していたが、担当はマイクロバスで、全長12メートルの大型バスを運転したことはなかったという。

 管理体制にも疑いが残る。イーエスピーは、運転手に健康診断を受けさせていなかったなどとして、13日に国交省から行政処分を受けていた。土屋運転手も契約社員になった際、健康診断を受けていなかったという。

 運行会社が運転手に対して作成する運行指示書には、記載されるべき経由地点もなく、この点でも道路運送法違反にあたる可能性がある。

 多くの犠牲を生んだ今回の事故。厳正な捜査・調査が待たれる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。