共和国は蘇ったか 暗黒卿と語るアベノミクス 田中秀臣氏 (1/2ページ)

2016.01.17


『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の一場面(AP)【拡大】

 田中秀臣(上武大学ビジネス情報学部教授)

 年の瀬のイルミネーションがきらきら輝く繁華街の一室。豪華なディナーが供され、華やかなアイドルたちの映像が室内のモニターに流れる中で、暗黒卿が顔をよせてささやいた。(総合オピニオンサイト iRONNA

 「あの人は憲法改正が目的であって、リフレ政策はそのための手段にしかすぎない」

 シュゴ―。

 スター・ウォーズシリーズの最初の三部作が上映されたのは、1983年。第二次石油ショックの経済的影響を、フォースの力(金融政策)によって巧みに回避していた。ほどほどいい成長が維持されている時代だった。それはシス(伝統的日銀理論)によって引き起こされた第一次石油ショックによる「狂らん物価」の反省と、日銀内部の「新たな希望」による経済の生還の時代でもあった。「共和国」は蘇ったかにみえた。

 ダークサイド(経済社会を暗黒世界につきおとす力)の使徒であるシスたちの思想(伝統的日銀理論)とは、簡単にいうと不況のときはそれに合わせておカネを配らず、景気のいいときはそれに合わせてどんどんおカネを投入するというものだ。これを続けると前者はより不況に、後者はどんどん景気が過熱する。第一次石油ショックの「狂らん物価」は、まさに景気の過熱に合わせてどんどん薪(おカネ)をくべていった結果にしかすぎない。だが、シスたちの陰謀は巧妙で、マスコミを通じて信じこませたのが、「モノ不足」(石油やその関連製品)による物価高騰だった。本当の陰謀の正体は暗黒の中に没していた。シュゴ―。

 1983年当時、暗黒卿はまだ「共和国」の騎士(エリート)の殿堂で、将来を有望視されていた若きジェダイであった。他方、私はフォースの存在すらしらないお日様が東から昇るのか西から昇るのかわからない(太陽がふたつある)砂漠の民だった。

 ところが1985年、プラザ合意という共和国とその同盟国による協調的な政策介入の枠組みが決まった。これは最大の同盟国の都合のいいように、各国間の為替レートを誘導するというものだった。このときフォースの力はひたすら目標とされる為替レートに向かうために使われてしまい、われわれの国の経済情勢にはほとんど無縁のものになってしまう。どんどん円高は進行し、他方で国内では「バブル」が始まっていった。ちなみに「円」とは共和国通貨のことである。ジェダイたちはそれが正しい政策だと信じこまされた。なぜなら当面、とても景気がよく思えたからだ。「共和国・アズ・ナンバーワン」と絶賛する異星人まで現れた。まさかこの政策にシスたちの巧妙な陰謀が隠されているとも知らずに。シュゴ―。

 いまにして思うと、このとき共和国の政策を担うものたちは、知らずに「円高シンドローム」に陥っていたのだ。やがてこの症候群(シンドローム)は、ジェダイの騎士たちすべてにり患していき、現代にまで及ぶ「デフレ不況」をもたらし続けた。なぜなら円高を好む経済政策をくりかえすと、経済全体に流れるおカネが減少していき、それはデフレ(円の不足による円の価値の上昇)をもたらすからだ。円高を好むジェダイマスターのひとりは「強い円」、すなわち円高が国を強くするといっていた。だが実際には国家は疲弊していた。失業率は恒常的に高くなり、経済格差は深刻化し、年間の自殺者数も3万人をはるかに超えた。円が不足することで、人間の命や働いて得る喜びよりも、円の価値の方が大きくなってしまったからだ。

 この時、気が付いたのだ。すでにジェダイはすべてダークサイドにおち、そして共和国はおそろしいデフレ皇帝によって支配されていることに!

 Austerity is the path to the dark side. Austerity leads to deflation. Deflation leads to depression. Depression leads to suffering.(注1)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。