台湾は総統選で最良の選択をした 次は米大統領選の番だゼ!! (1/2ページ)

2016.01.22

 ハ〜イ! みなさん。台湾総統選で、民主進歩党の蔡英文主席が圧勝し、次期総統に選ばれた。5月に初の女性総統に就任する。蔡氏については、沖縄県・尖閣諸島や反原発主義、性的少数者(LGBT)への見解などで俺とは意見が違うが、まあ、それらについては台湾の人々が考えることだ。

 彼女の総統就任で最も注目されるのは、台湾と中国の関係がどうなるかだ。これは、アジアの安全保障上、日本にとっても、米国にとっても、世界にとっても、非常に重要な問題だ。

 現在の馬英九総統は「中国寄り」の政策ばかりが目立ったが、民進党には台湾独立志向がある。蔡氏自身、台湾と中国は「特殊な国と国との関係」という李登輝元総統の「二国論」の起草に関与した人物だという。民主主義が定着した台湾と、共産党一党独裁の中国が違うのは当然だよな。

 わが米国には「台湾関係法」という国内法があって、《米国は、台湾居民の安全、社会や経済の制度を脅かすいかなる武力行使、または他の強制的な方式にも対抗しうる防衛力を維持し、適切な行動を取らなければならない》と規定されている。

 これは、民主主義陣営の一員である台湾への防衛支援を義務付けたもので、簡単にいうと「中国の脅威から台湾を守る」というものだ。

 そして、これには日本も深く関係してくる。台湾有事の際は、沖縄など、日本国内にある米軍基地が重要な役割を果たすことになるからな。沖縄で激しい反基地運動が展開されているが、背後に「台湾防衛」を阻止しようとする勢力の存在を感じざるを得ないぜ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。