“号泣”元県議・野々村被告、異例の強制出廷へ

2016.01.22


野々村竜太郎被告【拡大】

 政務活動費(政活費)約913万円をだまし取ったとして詐欺罪などに問われ、昨年11月に予定された初公判に出廷しなかった元兵庫県議、野々村竜太郎被告(49)について、神戸地裁が強制的に出廷させることができる勾引状を発付したことが分かった。地裁は、今月26日に開かれるやり直しの初公判も欠席する恐れがあると判断したとみられる。

 勾引状は複数にわたり出廷しなかった場合に出されることが多く、1回の欠席では異例という。

 初公判は昨年11月24日に予定されていたが、野々村被告は「朝、自宅を出ようとした際、マスコミ関係者とみられる人物と鉢合わせして精神的に不安定になった」と弁護人にメールで報告し、欠席。刑事訴訟法は被告が出廷しない場合、原則開廷できないと定めており、初公判は延期された。

 刑事訴訟法では、被告が正当な理由なく呼び出しに応じない恐れがある場合、裁判所が勾引状を発布し、出廷させることができると規定。勾引状が出ると、検察や警察が被告を強制的に裁判所に連れて行く。

 野々村被告は2014年7月、不適切な支出を指摘されたことを受けて開いた記者会見で、号泣しながら潔白を主張する姿が話題となった。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。