トランプ氏が大統領になったら… 米国のみに依存では日本の将来は危うい (1/2ページ)

2016.01.23


トランプ氏は、共和党指名争いで首位を走っている(AP)【拡大】

 いよいよ、米大統領選が本格化する。民主党と共和党の2大政党は来月以降、各州の予備選で党大会の代表者を選び、夏の党大会で本選挙の候補者を決める。11月8日が本選挙である。

 長い選挙戦を勝ち抜くには、多額の政治資金が必要だ。2012年の前回選挙では、総額約8400億円が使われた。来月行われる4州の予備選で好成績を出せない候補には資金が集まらなくなり、撤退に追い込まれる。だから全員必死だ。

 民主党では当初、ヒラリー・クリントン前国務長官が有力視されてきたが、世論調査では現在、アイオワ州ではバーニー・サンダース上院議員と大差がなく、ニューハンプシャー州ではサンダース氏が優勢だ。

 08年の選挙でも、クリントン氏が優勢とみられていたが、予備選でオバマ大統領がしぶとく戦って民主党候補になり、本選挙で当選した。再現もあり得る。

 一方の共和党では、元大統領の父と兄を持つジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事が有力視されていたが、不動産王のドナルド・トランプ氏が立候補すると支持率が急落した。トランプ氏はすぐ撤退すると思われたが、ますます支持率が上がっている。一体なぜなのか。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。