【Yes!高須のこれはNo!だぜ】慰安婦問題の日韓合意に「失望」したけれど… 進めた人はすごい策士 (1/2ページ)

2016.02.02

今回の合意はしっかりと評価されていいと思うよ
今回の合意はしっかりと評価されていいと思うよ【拡大】

 昨年12月に日本と韓国両政府が慰安婦問題で「最終的かつ不可逆的な解決」で合意したことは、安倍晋三首相にとって大きな実績になったね。今年は参院議員選挙が行われるけど、これは国民にアピールする上でも大きいよ。

 この合意のニュースを知った当初、ボクはガッカリしていたんだ。ツイッターに「失望しました」と書いちゃったくらいにね。安倍首相支持者の間でも、同じような声は多く聞こえた。だって韓国政府は、これまでも政権が変わる度に慰安婦問題を蒸し返してきたんだからね。

 でも今回は、米国の後押しがあったにせよ、しっかりと世界から歓迎される形で合意に至った。かなり綿密にプランを進めたんだろうね。あれをやったのは、ものすごい策士だよ。こういう手法は、「捨て身の首領(ドン)」と呼ばれた大物政治家、金丸信さんが得意だった。

 岸田文雄外相が元慰安婦への人道支援として10億円を日本政府が拠出することを表明した件でも、韓国では怒りの声を上げている人がいるようだね。抗議するデモも行われたし、政治家にも不満を持つ人はいるだろう。

 でも不満を持つ子分をしっかりと抑えることができなければ、指定暴力団山口組の組織分裂騒動と一緒だ。まあ、むしろまったく逆に「私たちもだまされていた被害者なんです」なんて言っちゃう可能性もあるけどね。

 確かに、今後また慰安婦問題が日韓関係の懸案事項になることはあるかもしれないけど、世界中から歓迎されたこの合意を韓国側がひっくり返したとしたら、それこそ国際社会からの信用は確実にゼロになってしまうよ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。