「日銀マイナス金利」なぜ漏れた? 黒田総裁「事実関係を調査中」 (1/2ページ)

2016.02.06

黒田総裁は「情報漏洩」疑惑の調査を始めた
黒田総裁は「情報漏洩」疑惑の調査を始めた【拡大】

 日銀の「マイナス金利政策の導入」をめぐる報道が波紋を呼んでいる。日経新聞電子版が公式発表直前に「導入を議論」と報じたためで、国会でも「情報漏洩か」と問題視する声が上がっている。国内外の金融マーケットに多大な影響を与える重大情報だけに“犯人捜し”が始まった。

 「マーケットの公正性、信頼性は先進国の金融市場では極めて重要。事前に知って取引をすれば大もうけできる。(日銀側から情報が漏れたのなら)黒田東彦(はるひこ)総裁のクビが飛びかねない話だ。徹底調査を求めたい」

 元財務官僚で、金融政策に精通する民主党の玉木雄一郎衆院議員は、夕刊フジの取材にこう語った。

 注目されているのは、日経電子版が1月29日午後0時23分に報じた「日銀、マイナス金利導入を議論」という記事。「導入決定」と確定的に報じたわけではないが、黒田総裁は「マイナス金利」を否定してきただけに、衝撃スクープとなった。

 この日、日銀の金融政策決定会合は午前9時に始まり、午後0時31分に終了した。報道陣には「0時38分に報道解禁」として、会合終了と同時に公表資料が配布された。つまり、日経は会合途中で報じたのだ。

 このため、「会合出席者や周辺から漏れたのではないか」という疑惑が浮上した。前出の玉木氏は2月3日の衆院予算委員会で「情報漏洩の疑いがある」と、黒田総裁に問いただした。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。