【堕ちた薬物番長】大物歌手ら8人急浮上 「公然の秘密」だった先輩球界OB (2/2ページ)

2016.02.13

清原容疑者の背後に、薬物疑惑のある数々の著名人が浮上している
清原容疑者の背後に、薬物疑惑のある数々の著名人が浮上している【拡大】

  • <p>薬物人脈で噂される有名人</p>

 清原容疑者の逮捕以降、眠れぬ夜を過ごす人々は芸能界にもいる。そのうちの1人が、ある人気男性タレントだ。私生活では過去、数々の女性と浮名を流したプレーボーイとして知られている。芸能プロダクション幹部は「六本木や西麻布のサパークラブに出入りし、そこでクスリを覚えたとの評判だ。清原容疑者の周辺人物としても名前が挙がっていると聞いている」と話す。

 有名男性アーティストにも疑惑の目が向けられている。レコード会社関係者は「ゲッソリと痩せたり、ろれつが怪しいことがあったり。周囲からいまも疑われている」と明かす。誰もが知る大物男性歌手は以前から噂が絶えず、この男性歌手と親交のある女性歌手ともに捜査当局の行動確認の対象になった話は有名だ。

 テレビ局関係者が「以前からかなりのジャンキーだと聞いている。怖くて出演させられない」と眉をしかめるのは、多くの女性ファンをとりこにしてきた元男性アイドル。一時、逮捕情報が流れ、自宅に報道陣が駆けつける騒動も起きており、要注意人物のなかでも、とりわけその動向に注目が集まっている。

 ロックバンドのボーカルの男性も覚醒剤への関与がささやかれて久しい。先のレコード会社関係者は「過去には暴力団関係者のパーティーに出席したことがある。脱税で有罪判決を受けた人物とも懇意にしていた。かねてから裏社会とのつながりが取り沙汰され、クスリと近い位置にいるとみられている」と語る。

 現在、薬物依存症リハビリ施設「日本ダルク」のスタッフを務める元タレントの田代まさし氏(59)は、「俺のようにバレる人間はほんの一部。芸能界に関していえば、やっている人はたくさんいるよ」と話す。

 清原容疑者が逮捕された際、東京・東麻布の自宅マンションから携帯電話4台が押収された。警視庁は目下、架電、入電の履歴をはじめ関係先など、この情報の宝庫を徹底解析している。堕ちたヒーローの薬物ネットワークの解明が進むにつれ、第2、第3の逮捕者が出るのは間違いない。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。