「世界らん展」盛況 最大と最小、サル顔の珍種など人気

2016.02.15

初日に最大1時間待ちの列ができた特別展示「世界最大の欄と極小の欄」
初日に最大1時間待ちの列ができた特別展示「世界最大の欄と極小の欄」【拡大】

  • <p>世界最大のラン「グラマトフィラム属スペシオサム」</p>
  • <p>サルの顔に見える珍種「モンキー・オーキッド」</p>

 世界最大級のランの祭典「世界らん展日本大賞2016」が東京ドーム(東京都文京区)で13日から始まり、2日間で来場4万人を超えるにぎわいを見せた。とくに目玉となる特別展示「世界最大の蘭と極小の蘭」のブースには初日に最大1時間待ちの列ができるなど人気を集めている。

 特別展示のブースには、最大で7メートルほどの高さになる「グラマトフィラム属スペシオサム」が登場した。展示したランは高さ約2.5メートルだったが、同じスペースに花の大きさが2ミリから最大でも9ミリの極小の「ボルシエラ属モーディー」を展示したことで、来場者は対比の面白さに興味津々だった。

 今年の干支であるサルの顔をした珍種「モンキー・オーキッド」のあるコーナーは、格好の撮影スポットとして人だかりができた。ほかにもチョウに見える「バタフライ・オーキッド」、ハチに見える「ビー・オーキッド」など見た目にも楽しいランが勢ぞろいしている。

 会場を彩る約3千種、約10万株、250万輪以上の総数は、ランの祭典としてはいずれも世界最大級。国内外で活躍する華道家、假屋崎省吾氏による作品展示のほか、16日には元女優でフラワー・アーティストの長渕(志穂美)悦子さんのステージイベントが行われる。

 「世界らん展日本大賞2016」は19日まで。公開時間は午前9時半〜午後5時半(入場は同5時まで)、当日券2200円。詳細は公式サイト(http://www.jgpweb.com/)。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。