渡辺喜美元議員のどこがサラブレッド?! オヤジさん以上によくやっているのは安倍首相ぐらい (2/2ページ)

2016.02.18

渡辺喜美元衆院議員
渡辺喜美元衆院議員【拡大】

 喜美氏には、公務員改革を本当にするのでは、と大きな期待をしていた。しかし、この有り様。美智雄氏が「あいつは理屈が多いから」と嘆いていたことを思い出した。

 父親が政治家、息子も政治家というと、みんな、「名門」とか「サラブレッド」とはやし立てる。国民の税金で食っている人間がなぜ「サラブレッド」なのか。

 考えてみると、現在の世襲議員で、オヤジさん以上によくやっているのは安倍晋三首相ぐらいなもの。私はそのオヤジさんで外相などを歴任した安倍晋太郎氏とも深くつき合った。

 こちらは「超」がつくほど人が好くて、頼まれたら嫌だとは言わなかった。私が友人から、「結婚式に安倍さんを呼んでくれないか」と頼まれたとき、よほどのことがない限り、引き受けてくれた。

 元々は自民党の中山正暉氏から、保守派政策集団「青嵐会」の仲間の美智雄氏や森喜朗元首相を紹介してもらい、森氏の縁で晋太郎氏とも知り合った。晋太郎氏は紳士で、美智雄氏は泥臭かった。どちらにしろ、いまの議員は小粒になったね。

 ■渡辺喜太郎(わたなべ・きたろう) 麻布自動車会長。1934年、東京・深川生まれ。22歳で自動車販売会社を設立。不動産業にも進出し、港区に165カ所の土地や建物、ハワイに6つの高級ホテルなど所有し、資産55億ドルで「世界6位」の大富豪に。しかし、バブル崩壊で資産を処分、債務整理を終えた。現在は講演活動などを行っている。著書に『人との出会いがカネを生む/ワルの交遊術50』(仁パブリッシング)。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。