台湾地震は対岸の火事ではない プレートの構図は「南海トラフ」も同じ (1/2ページ)

2016.02.19

倒壊した台南市のマンション。手抜き工事の疑いがあり、検察当局は住宅建設会社の元社長らを拘束した(新華社=共同)
倒壊した台南市のマンション。手抜き工事の疑いがあり、検察当局は住宅建設会社の元社長らを拘束した(新華社=共同)【拡大】

 台湾南部で起きたマグニチュード(M)6・4の大地震から10日あまりがたった。

 16階建てのマンションが根こそぎ横倒しになって、このマンションだけで死者114人を数えた。台湾はこの地震の日から旧正月前後の春節の休暇に入っていた。このマンションも居住者以外に家族や親類が集まっていたので犠牲者が多かった。

 台湾はフィリピン海プレートがユーラシアプレートの下に潜り込んでいる。このため過去たびたび大地震が台湾を襲ってきた。

 1999年には台湾中部でM7・7の「集集大地震」が発生して、2400人以上が死亡した。南投県・集集鎮付近では震度7だったと思われている。

 この大地震のあと、台湾では建築基準が強化された。だが、今回倒れてしまったマンションはその強化の前、94年に作られたものだった。

 そのうえ、建築のときの手抜きがあったのではないかといわれている。鉄筋の本数が少なかったり、コンクリートの柱の中から、多数の空き缶が出てきたりしたからだ。

 震源は台湾南部の高雄市で、震源の深さは10キロあまりと浅かったために局地的な震度が大きかった。このため、高雄市の隣にある台南市で少なくとも7つのビルが倒壊した。

 震度は雲林県で震度6、台南市で震度5を記録したとされている。本当に台南市で震度5だったなら、ふつうはマンションは倒れない。やはり手抜きだったのだろうか。

 台湾で使われている震度階は日本と同じものだ。これは戦前の植民地時代に日本式のものを導入したからだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。