SSは世界の笑いものだぜ 欧米人の偽善はそろそろ止めるべきだ (1/2ページ)

2016.02.19

反捕鯨団体「シー・シェパード」の抗議船
反捕鯨団体「シー・シェパード」の抗議船【拡大】

 ハ〜イ! みなさん。

 捕鯨とイルカ漁で知られる和歌山県太地町には、毎年、漁が行われる9月1日から3月末まで、海外の活動家が多数訪れる。反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)の下部組織、コーヴ・ガーディアンズや、米動物愛護団体ドルフィン・プロジェクトのメンバーたちだ。

 彼らは観光ビザで入国して活動をしている。以前は、太地町の漁師や住民にカメラを向けて「殺人鬼」などと罵声を浴びせたり、漁具を壊したり、食肉工場に押しかけて妨害行為を行っていた。反捕鯨活動家の中にも、こうした手法を快く思わない人々もおり、批判されることも多い。

 日本当局も、こうした行為を無視できなくなったようだ。日本の友人によると、今シーズンは、幹部クラスの活動家らが軒並み、入国(上陸)拒否の決定を受けているという。2010年に米アカデミー賞を受賞した日本たたきのプロパガンダ映画「ザ・コーヴ」に出演した、米活動家のリチャード・オバリー氏も強制送還されたと聞いたぜ。まあ、当然だよな。

 太地町に到着した女性活動家が昨年夏、米国で逮捕され、有罪判決を受けたという情報もある。日本の警察には徹底的に調べてほしい。

 こうしたなか、ICPO(国際刑事警察機構)から国際指名手配を受け、フランスに逃亡しているSSの創始者、ポール・ワトソン容疑者が声明を出していた。日本の調査捕鯨船団を妨害しようと南極海に抗議船を出したが発見できないとして、オーストラリアとニュージーランド政府に対し、調査捕鯨を妨害するために海軍艦船を派遣するよう要請していた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。