三陸鉄道「あまちゃん」車両譲渡へ 「潮騒のメモリーズ」がライブ

2016.02.19

 3月末に引退し、新潟県の企業に譲渡される三陸鉄道のお座敷列車「さんりくしおかぜ」
 3月末に引退し、新潟県の企業に譲渡される三陸鉄道のお座敷列車「さんりくしおかぜ」【拡大】

 岩手県の三陸鉄道は19日、3月末で引退するお座敷列車「さんりくしおかぜ」の車両を、新潟県に拠点を置く鉄道車両製造会社「新潟トランシス」(東京)に譲渡すると発表した。車両はNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に登場し、ファンから親しまれていた。4月ごろに有償で引き渡すという。

 この車両は1984年の開業と同時に運行を始めた。2002年に畳や掘りごたつ席がある特別車両に改装。13年に放送された「あまちゃん」の撮影に使われ、作中のアイドル「潮騒のメモリーズ」がライブをした車両として知られる。

 14年に三陸鉄道が東日本大震災の被害から復旧し全線再開した際、後継車両と交代し、引退する予定だったが、ドラマの反響が大きく延期になっていた。

 昨年から作品をイメージして内外装に手を入れ「しおさいのメモリーズ号」として運行し、人気だった。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。