竹島問題に一石投じるゲーム誕生 「竹島だっかーん!」過激な中身とは (2/2ページ)

2016.02.21

竹島奪還ゲームのタイトル画面
竹島奪還ゲームのタイトル画面【拡大】

  • <p> 日本固有の領土である島根県・竹島</p>

 確かに、美少女の萌えキャラ「リアンクール」の名前は、欧米の地図で使われる竹島の名称「リアンクール岩礁」から拝借している。大王という「リショーバン」は1952年、公海上に「李承晩ライン」を勝手に宣言し、その中に竹島を含めた李承晩(イ・スンマン)大統領=当時=の日本語読みをモチーフにしているようだ。

 「竹島だっかーん!」はすでに、短文投稿サイト「ツイッター」で公式アカウントが公開され、ネット上で話題が広まっている。韓国では、過剰な反応をしているゲーマーもいるという。

 前出のリーダー男性は「韓国には、反日広報戦略を担う組織『VANK』(バンク)があるが、日本には存在しない。ゲームで竹島の実情を広める、まさにクールジャパン戦略だ」と語っている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。