議員定数削減前倒しの深謀 民主の増税反対派に先制解散のフリーハンド確保 (1/2ページ)

2016.02.25

衆院予算委員会で安倍晋三首相に質問する民主党の野田佳彦前首相=19日午後(斎藤良雄撮影)
衆院予算委員会で安倍晋三首相に質問する民主党の野田佳彦前首相=19日午後(斎藤良雄撮影)【拡大】

 安倍晋三首相が当初の予定を前倒しして、早期の定数削減を指示した。その狙いは、野田佳彦前首相が安倍首相に質問した19日の衆院予算委員会の様子をみるとわかる。

 野田氏は、2012年11月の党首討論で、自民党の安倍総裁に議員定数の削減を行うことを条件に衆議院の解散に応じた経緯を踏まえ、「約束を守ったつもりか」と聞いた。

 安倍首相は答弁で、4年後の大規模な国勢調査を受けて定数削減を行うなどとしている今の方針を前倒しして、「10」削減するとした。自民党は以前、「5」削減の法案を出したが、民主党が反対したという経緯も述べた。

 これを受けて野田氏は、自民党は「40」削減に反対したではないかと再反論し、政権を担う自民党の責任を主張した。

 安倍首相はさらに、定数問題については首相の一存ではなく、各党の合意を得る必要があり、政権党とともに野党にも責任がある。これは民主党政権でも自民党政権でも同じであり、自民党と民主党が一緒になって定数問題を解決しよう、と持ちかけた。

 野田氏は、安倍政権の対応を遅きに失したと批判したが、その方向性はいい、と認めざるを得なかった。ということは、安倍首相の定数是正の前倒し指示が先制攻撃となって功を奏したといえよう。

 この一連の安倍首相の動きは、当面、民主党からの攻撃をはね返し、消費増税の延期に関するフリーハンドを確保したものだろう。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。