国公立大2次試験スタート 前期日程は25万8千人志願

2016.02.25

 国公立大2次試験の前期日程が25日、各大学でスタート。161大学554学部が実施し、志願者は25万8192人。募集人員に対する志願倍率は、昨年と同じ3・2倍となっている。

 このうち国立大(82大学387学部)には19万8011人が出願し、倍率は3・1倍で昨年と同じ。公立大(79大学167学部)の志願者は6万181人で、やはり昨年と同じ4・0倍の倍率。

 大学入試センター試験の成績で門前払いする「二段階選抜」は、前期日程で27大学40学部が実施し、2745人が不合格となった。

 後期日程は3月12日以降に141大学452学部で、一部公立大の中期日程は同8日以降に14大学14学部で実施される。

 前期、中期、後期の各日程を合わせた2次試験全体の学部系統別倍率は、人文・社会系が昨年から0・3ポイント増の4・9倍だった一方、理工系は4・3倍、医・歯系5・4倍と各0・1ポイント減少するなど「文高理低」の傾向となった。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。