汚染された日本 薬物に手を出したヤツを芸能界は許したらアカン (1/2ページ)

2016.02.25

東京地検へ送検される清原和博容疑者=今月4日
東京地検へ送検される清原和博容疑者=今月4日【拡大】

 清原和博容疑者(48)に続いて今度は、トップ当選した葉山町議の“政治屋”が…。日本はこれほど薬物に汚染されとったか…って何を今さら驚いとるんや。

 NHKまで清原逮捕のニュース大々的にやっとったけど、そういうNHKアナウンサーも危険ドラッグでパクられたんちゃうか。

 民放はおろか、そんなNHKまでテレビのスイッチ入れたら、過去に覚醒剤や違法薬物でパクられた“スネに傷持つ”連中が出てない番組なんかないぐらいや。

 そりゃあ、そいつらにあこがれるガキどもも誤解しよるわ。「何や1回ぐらい捕まってもまたテレビ出られるんや。今はがんばって立ち直って活躍しとるんや」と。「だから私もあの人みたいに痩せたいから1回だけ覚醒剤やってみよっと」となるのである。

 だから、いかに才能あろうと、いかに反省しようと、薬物に手を出したヤツを芸能界は許したらアカン。テレビに登場させたらアカンのである。

 ワシらの業界なんぞ、マリフアナやろうが危険ドラッグやろうが、1回でもパクられたら永久に報道に携われんのである。それが当たり前や。ましてや青少年が一挙手一投足を見つめるアーティストやアスリートはもっと厳格にせなアカンハズや。

 薬物犯罪の減少・撲滅の最大かつ唯一の有効な方法は厳罰である。売買目的なら、シンガポールや中国みたいに死刑までありでエエ。

 忘れてへんかぁ。中国大陸じゃ日本人の元組員が大量の覚醒剤持ってただけでろくに裁判も受けられず死刑判決。日本みたいに三審制があるわけでもなく、たぶんすでに大陸のどこかで人知れず“土に還った”ことやろう。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。