「靖国攻撃で関心引ける」 韓国人、3度目逮捕

2016.02.25

 東京・靖国神社の公衆トイレで昨年11月、爆発音がして不審物が見つかった事件で、警視庁公安部は25日、火薬類取締法違反(無許可輸入)と関税法違反(無許可輸入未遂)の疑いで、韓国人の全昶漢容疑者(27)=建造物侵入罪などで起訴=を再逮捕した。逮捕は3度目。

 公安部によると、A級戦犯の合祀をめぐり「韓国の抗議に日本が真摯な対応を見せないと感じていた。靖国を攻撃すれば騒ぎになり、関心を引けると思った」と供述。米ボストン・マラソンでのテロで使われたとされる圧力鍋爆弾を作り、本殿に仕掛けることも考えたと話している。

 逮捕容疑は昨年12月9日、許可なく韓国・金浦空港から黒色火薬約1・8キロが入ったリュックサック1個を飛行機に載せて羽田空港に輸入し、通関させようとした疑い。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。