群発地震が示すマグマの動き 89年の海底噴火の「次」は陸上の可能性も (1/2ページ)

2016.02.26

 新聞にベタ記事というものがある。一段のごく小さな記事だ。しかし、人によってはドキリとする。先日、地球物理学者がドキリとするベタ記事があった。

 それは、さる1月23日早朝に静岡・熱海で震度3を記録した地震だった。震源は熱海の南の海底、つまり伊豆半島東方沖だ。マグニチュード(M)は3・3だった。

 小さな地震が続いた群発地震のひとつだった。地球物理学者は、大規模な群発地震がまた始まるのではないかと心配したのである。

 伊豆半島東方沖は群発地震がよく起きるところだ。群発地震は1978年以来、20年間に37回も起きた。

 ここの群発地震にはさまざまなスケールのものがあり、大きなものは数十日のあいだに1万回以上の地震が起きた。このときには有感地震も数百回あった。

 群発地震が起きやすい場所がある。65年から70年にかけて起きた長野県・松代(まつしろ)や、75年から76年に起きた宮崎県・霧島山周辺や、78年に起きた北海道・函館周辺や、92年の沖縄県・西表(いりおもて)島周辺や、98年の岐阜県・飛騨地方などだ。それぞれかなりの騒ぎになった。

 地下で地震を起こす岩にはいろいろな性質のものがあり、群発地震を起こすところは「松ヤニ」にたとえられる。力を加えられた松ヤニは、ピチピチと音を立てながら徐々に曲がっていく。これが群発地震なのである。

 他方、ガラスのような性質を持つ岩もある。曲げていくと松ヤニとは違って、一挙に割れる。こういう岩のところでは群発地震は起きない。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。