「WiLL」編集部 まるごと電撃移籍 花田氏「前例ない挑戦は面白い」

2016.02.26

花田紀凱氏
花田紀凱氏【拡大】

 保守系の月刊論壇誌「WiLL」(ワック)の花田紀凱(かずよし)編集長(73)が飛鳥新社に移籍することが26日、関係者への取材で分かった。移籍先で「WiLL」の発行を続けるため交渉を続けている。

 花田氏は3月にワックを退職。3月26日発売の5月号がワック在籍中に手がける最後の号となる。花田氏を含め現在の「WiLL」編集部員6人も同時に移籍し、同誌の路線を引き継いだ雑誌を作るという。

 花田氏は、夕刊フジの取材に対し、移籍の理由を「編集方針の違い」と明かした。雑誌名の残存に向けてワック社と協議を続けているという。

 出版界でも異例の編集部まるごとの“移籍”だが、花田氏は「前例のないことに挑戦するのは面白い。がんばりたいと思う」と話している。

 一方、ワックでも、「WiLL」の発行は編集長を交代する形で継続を検討。後任には同社の隔月刊歴史雑誌「歴史通」編集長の立林昭彦氏が就任予定という。

 花田氏は文芸春秋で「週刊文春」編集長などを務め、同誌の部数を総合週刊誌トップに押し上げた名編集者として知られる。1996年に文春を退社し、朝日新聞社、角川書店などを経て2004年から「WiLL」編集長。夕刊フジでも毎週水曜日に「天下の暴論+」を連載している。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。