地図上に犯罪情報 防犯アプリを開発、無料で配布 警視庁

2016.02.27

防犯アプリで表示された特殊詐欺のだまし文句(警視庁提供)
防犯アプリで表示された特殊詐欺のだまし文句(警視庁提供)【拡大】

 警視庁は、公開捜査情報を確認したり、地図上で犯罪情報を表示したりできるスマートフォン向け防犯アプリ「Digi Police」を開発した。若者に防犯意識を高めてもらうのが狙いで、3月1日から無料で配布する。

 ひったくりなどの犯罪や不審者の情報を、ほぼリアルタイムで地図上に表示するほか、指定したアドレスにその情報をメールで送信できる。防犯ブザーの機能も備えた。

 特殊詐欺のだまし文句80種類以上を紹介する機能もある。アプリの使用頻度に応じ、警察官をモチーフにしたキャラクターを入手して壁紙にできるなど、遊び心のある要素も盛り込んだ。

 「防犯に関心を持った若年層が、親世代にも注意を促してくれたら」と担当者。米アップルのiOSと、米グーグルのアンドロイドを搭載した端末で無料ダウンロードできる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。