山口大で出題ミス 受験票の注意事項に答え

2016.02.27

 山口大は26日、一般入試の前期日程(25日)の国語試験で、「ケイタイ電話」の片仮名部分を漢字にする問題を出したところ、受験票の裏面の注意事項に「携帯電話」と漢字で記載していた出題ミスがあったと発表した。採点中に気付き、発覚。受験した475人は全員正解として採点する。

 大学によると、出題ミスは国語の現代文の文章。試験中、受験票は机の上に置かせていた。

 山口大は「多大な迷惑をかけ、おわび申し上げる。再発防止に万全を期す」とした。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。