横行する「30日以内の日雇い派遣」 必要な時だけ働かせる手口が後を絶たず… (1/2ページ)

2016.03.03

違法な日雇い派遣が続いている(写真と本文は関係ありません)
違法な日雇い派遣が続いている(写真と本文は関係ありません)【拡大】

 改正労働者派遣法で原則禁止された「契約期間30日以内の日雇い派遣」が横行しているという。書類上は31日以上の雇用契約とした上で使用者側が必要な時だけ働かせる手口が後を絶たず、労働者が仕事を得られたのは「1日だけ」といったケースも少なくない。細切れの不安定な雇用をなくすため、規制強化を行ったはずの改正法が“有名無実化”している恐れがある。

 「これまで、契約内容が守られたことなんてまずありません」

 神奈川県に暮らす30代の女性は、登録した派遣会社から送られてきた雇用契約書を前に深いため息をつく。

 記されていた業務内容は倉庫内での仕分けや出荷作業など。雇用契約の期間は2014年8月14日〜9月17日の35日間となっていたが、「実際に働けたのは3日間だけ」と女性。

 こうしたケースは日常茶飯事で、「31日以上の雇用契約」が示されていても働けたのは「1日」あるいは「ゼロ」の時も珍しくなかった。

 案内された仕事が前日にキャンセルとなることもあり、派遣されても、真夏にクーラーのない倉庫を走り回るよう強要されたり、冷蔵庫の中で長時間の作業を指示されたり−と過酷な現場が多かった。

 「『簡単な作業』などと書かれた求人広告にだまされて地獄を見たことが何度もある。このまま死ぬんじゃないかと思ったことも一度や二度ではない。でも、その時は違法な働き方をさせられているとは知らなかった」

 女性は日雇い派遣から距離を置こうと決めた。

 女性のケースのように1日単位や30日以内で派遣する「日雇い」は12年の労働者派遣法の改正で原則禁止となったはずだった。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。