トランプ氏&ヒラリー氏の日本叩き 選挙戦では円高圧力強まる恐れ (1/2ページ)

2016.03.05

1日、米フロリダ州マイアミで支持者らに演説するクリントン氏(ロイター)
1日、米フロリダ州マイアミで支持者らに演説するクリントン氏(ロイター)【拡大】

 米大統領選挙は長丁場だ。11月の本選に向けて、民主党と共和党の候補者選びが各州で行われている。例年2月下旬か3月上旬の火曜日に、多くの州で予備選挙や党員集会が実施されるので、その日をスーパーチューズデーと呼んでいる。過去の大統領選の歴史をみても、スーパーチューズデーの結果はかなり大きい意味を持つ。

 今回は3月1日に、民主、共和両党はそれぞれ全米11州で一斉に予備選挙や党員集会を開いた。

 その結果は、民主党でヒラリー・クリントン元国務長官が7勝(アラバマ、アーカンソー、ジョージア、テキサス、テネシー、バージニア、マサチューセッツの各州)、バーニー・サンダース氏が4勝(オクラホマ、コロラド、バーモント、ミネソタの各州)となった。

 共和党では実業家のドナルド・トランプ氏が7勝(アラバマ、アーカンソー、ジョージア、テネシー、バージニア、バーモント、マサチューセッツの各州)、テッド・クルーズ氏が3勝(オクラホマ、テキサス、アラスカの各州)、マルコ・ルビオ氏が1勝(ミネソタ州)だった。

 スーパーチューズデー以前に民主党はクリントン氏が3勝、サンダース氏が1勝、共和党はトランプ氏が3勝、クルーズ氏が1勝していた。これで、民主党はクリントン氏が10勝、サンダース氏5勝。共和党はトランプ氏10勝、クルーズ氏4勝、ルビオ氏1勝となった。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。