【複眼ジャーナル】NYのインフラ老朽化は悪化の一途 水漏れ、ガス漏れ、陥没道路… (1/2ページ)

2016.03.07

 フィラデルフィアの列車脱線事故。米国の社会資本整備の遅れの象徴ともいえる=2015年5月(AP)
 フィラデルフィアの列車脱線事故。米国の社会資本整備の遅れの象徴ともいえる=2015年5月(AP)【拡大】

 1800ある公立校をつかさどるニューヨーク市教育局(DOE)は、地方自治体としては全米最大の教育機関だ。市民の関心も高く、DOEのカルメン・ファリニャ長官は、定期的に地元記者と意見交換会を開いている。

 いつもは和気藹々(あいあい)とした雰囲気なのだが、最近開いた会合では、クイーンズ地区の記者が、「極端に天候の悪い日は休校にすべきだ」と詰問していた。

 今年のニューヨークは何度か大雪に見舞われて、バスや地下鉄の運行がまひする場面があった。DOEが通常通りの開校を命じたので、子弟の家族が批判した経緯がある。

 対して、ファリニャ長官は自身の判断を弁解していたが、会場にいた複数の記者からは、こんな声が漏れていた。「そもそも、交通機関の老朽化の方が、行政としては問題だ」

 2012年に襲ったハリケーンの被害修復がいまだに続いている地下鉄に、穴だらけの道路。市民に水を供給する導水路では、水道管の一部が腐食している。

 ニューヨークを支える社会資本の老朽化が際立っている。例えば、住宅街で知られるアッパー・イースト97丁目のアパート。昨年4月にガス漏れを修理したところ、ガス供給が全面的に止まってしまった。

 書類手続きの遅延などもあって、すでに10カ月ほどアパートの住民はガス調理台が利用できない。住民が電気調理器を利用したところ、今度は使用電力が許容限度を超えて、ブレーカーが落ちてしまった。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。