3・11双子地震、M8級の恐れ 地震調査委、最大余震上回る可能性に言及

2016.03.11

3・11の余震で再び甚大な被害が発生する恐れがある=2011年3月、宮城県気仙沼市
3・11の余震で再び甚大な被害が発生する恐れがある=2011年3月、宮城県気仙沼市【拡大】

 東日本大震災から11日で5年を迎えるが、政府の地震調査委員会の本蔵(ほんくら)義守委員長(東京工業大名誉教授)が、今後もマグニチュード(M)8以上の余震が起きる可能性があると言及した。別の専門家は、警戒期間を「本震発生から約100年」と話す。地震列島に住むことの大変さがあらためて浮き彫りとなっている。

 本蔵氏の発言は10日付の毎日新聞が報じた。記事によると、他の地域の巨大地震の例を踏まえ、震災当日に起きたM7・6の最大余震を上回る地震の発生が今後も考えられるという。

 2004年12月にインドネシア・スマトラ沖で発生し、M9・1を記録した地震の震源やその周辺では5年以上たった後もM8級の地震が複数回起きている。その上で、本蔵氏は「東日本大震災とスマトラ沖地震は、地形が似たところで起きており、同じような規模の余震が起きてもおかしくない」との見解を示したという。

 武蔵野学院大の島村英紀特任教授は「大きな余震は本震のマグニチュードからマイナス1程度というのがこれまでのデータの平均的な数字だ。しかし、過去にはM6の本震に対してM5・8の余震が起こったこともある。こうした余震は本震に対しての『双子地震』と呼ばれているが、東日本大震災クラスの地震に対しても、同様のケースが起こらないとはかぎらない」と解説する。

 また、大規模な余震を警戒すべき期間について、島村氏は「本震がM9を記録した大規模地震に対しては、発生から100年程度は警戒が必要だろう」と話す。

 3・11を機に気を引き締めたい。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。