山口組が春の墓参り 篠田組長「よっしゃー」気合入れ 異例の全最高幹部集結 (1/2ページ)

2016.03.18

山口組歴代組長の墓を最高幹部らと参拝する篠田建市組長(手前)=17日午前、神戸市灘区
山口組歴代組長の墓を最高幹部らと参拝する篠田建市組長(手前)=17日午前、神戸市灘区【拡大】

 指定暴力団山口組(神戸市灘区)と、分裂した神戸山口組(兵庫県淡路市)の対立抗争事件が全国で相次ぐ中、山口組の篠田建市(通称・司忍)6代目組長が17日、春の彼岸に合わせ、全最高幹部とともに神戸市内で歴代組長の墓参りを行った。篠田組長がメディアの前に姿を見せるのは抗争認定後、初めてで、春の墓参りで篠田組長と全最高幹部が集まるのは極めて異例という。抗争の中、大規模な墓参りを行ったのは、篠田組長と組織の存在感を傘下組員らに示す「激励」とみられている。

 神戸市の高台にある霊園には朝早くから慶弔担当の直系組長らが集結。自動車の登録をめぐる事件で警察当局に逮捕、釈放されていたナンバー3の橋本弘文統括委員長とナンバー4の大原宏延本部長のほか、ナンバー5の若頭補佐6人も訪れ、最高幹部全員が顔をそろえた。

 組員が捜査員や報道関係者の人数を確認し、霊園周辺の雑木林にまで分け入って突発的な事態に備えて警戒する中、篠田組長は午前9時半ごろ、グレーのスーツ姿で到着。歴代組長の墓石に手を合わせ、「よっしゃー」と短く言葉を発した後は、対立抗争へのコメントを求めるテレビ局の質問には無言のまま霊園を後にした。

 捜査関係者によると、篠田組長は昨年8月末の分裂後、ボディーガードを増強し、秋の彼岸の墓参りに姿を見せないなど警戒を強めていた。神戸山口組の勢力拡大が目立ってきた昨年12月以降はこうした方針を転換し、歴代組長の命日の墓参りを積極的に実施してきたが、春の彼岸の墓参りで組長と最高幹部全員が顔をそろえるのは極めて異例という。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。