東京都心も桜が開花、平年より5日早く 気象庁、靖国神社で確認

2016.03.21

東京・靖国神社で開花したソメイヨシノ=21日午前
東京・靖国神社で開花したソメイヨシノ=21日午前【拡大】

 気象庁は21日、東京都心で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。昨年より2日、平年より5日いずれも早い。

 21日午前11時ごろ、気象庁の担当者が、千代田区の靖国神社にある標本木で、8輪の花が開いたのを確認した。

 標本木の周囲には、大勢の参拝客が集まり、担当者が「お待たせしました。桜の開花です」と説明すると、一斉に拍手が起きた。満開までは1週間から10日程度かかるという。

 ことしの桜は、19日の福岡市と名古屋市でスタート。民間気象会社各社の予想では、全国的に平年並みから早めで、東日本や西日本では3月末にかけて、相次いで開花宣言が出るとみられる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。