乙武氏、不倫スキャンダル炎上 複数の女性との親密写真が大量流出か (1/2ページ)

2016.03.26

不倫騒動の余波が収まらない乙武氏。流出した美女たちとのツーショット写真は本人のものなのか
不倫騒動の余波が収まらない乙武氏。流出した美女たちとのツーショット写真は本人のものなのか【拡大】

 ベストセラー『五体不満足』で知られる作家、乙武洋匡(おとたけ・ひろただ)氏(39)を直撃した不倫スキャンダルが炎上中だ。週刊誌報道で女性5人との不適切な関係が明るみに出て、自身のみならず妻にも謝罪させたことに批判が殺到している。さらに騒動の余波で、乙武氏とみられる人物と複数の女性とのツーショット写真がネット上に大量流出。今回の女性問題を連想させるものだったことから、「本人のものではないか」との噂が広まっている。

 《いま一度、自分を見つめ直し、家族と向き合っていく所存です》

 不倫報道が出た24日、乙武氏の公式ホームページ(HP)にはこんな謝罪文が掲載された。

 同時に、乙武氏の夫人も《このような事態を招いたことについては、妻である私にも責任の一端があると感じております》と反省をアピール。

 自身の不始末に妻を担ぎ出したことには一部で「非常識だ」との声も上がっている。

 収束の気配をみせない騒動の発端は、同日発売の「週刊新潮」が報じた不倫旅行の一部始終だ。同誌によると、乙武氏は妻子がありながら、昨年12月末から年始にかけて女優の黒木華(はる)似の20代後半女性と、北アフリカ・チュニジアやパリを旅行。取材に対して不倫関係を認めたうえで、「やんちゃな遊び方をしていた時期があります」と別の5人の女性との不貞も認めたという。

 誠実なイメージが浸透していただけに、お茶の間に与えるインパクトは大。加えて、ネット上に流出した複数の画像によってスキャンダルはよりヒートアップした。

 「乙武氏とうり二つの男性と、若い女性とのツーショット写真が複数出回った。いずれも親密さをうかがわせるもので、一部で『本人では?』との疑惑が持ち上がった」(メディア関係者)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。