弁護士傷害裁判で被告の妻「愛情変わりないが名字変えたい」 (1/3ページ)

2016.03.26

 世の男たちの股間を震え上がらせた猟奇事件の公判が新たな展開に入った。「さすがにまずい、止めないと……と思っていたところで“シャキン”と音がした。“あー、やっぱり切っちゃった”と思った」−−。公判の行方を左右する「最重要証言者」は、“その瞬間”をそう供述した。

 昨年8月、元慶応大法科大学院生で元プロボクサーの小番一騎被告(こつがい・いっき。25)が、妻の浮気相手の男性弁護士の性器を枝切りはさみで切断して逮捕・起訴された「チン切り事件」の裁判は、3月18日に第4回公判を迎えた。

 これまでの裁判は小番被告と被害者の供述を中心に進行していたが、第4回公判では検察側が証拠申請した妻の供述調書が採用され、「事件の原因」となった妻の“肉声”が初めて明らかにされた。内容は小番被告との出会いや被害男性との交際、そして事件当日のことなど多岐にわたる。

 まず、2012年6月に小番被告と結婚した理由についてこう述べている(以下、「」内は供述調書より)。

 「猫の里親になりたかったが、“結婚しないと里親になれないので猫をもらえない”といわれたから。考えが甘かったとは思うが、どうせ結婚なんて紙ペラ1枚のことだし、もういいやと思った」

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。