【朝日新聞研究】中国膨張主義への朝日の姿勢 威圧され萎縮しているのか (1/2ページ)

2016.03.27

朝日新聞の中国報道
朝日新聞の中国報道【拡大】

  • <p>膨張主義を続ける習近平国家主席(共同)</p>

★(4)

 南シナ海における中国の軍事行動の拡大が、次々と判明しているが、朝日新聞は2月18日の「時時刻刻」欄に大型記事を載せた。見出しに大きく、「南沙に機関砲 西沙に対空ミサイル配備」「南シナ海 中国軍着々」とある。「着々」との表現が、実に朝日新聞らしい。

 リードにも「中国による南シナ海の軍事拠点化に対し、日米やフィリピン、ベトナムは強く反発しているものの、阻止する手立てを探しあぐねている」と述べている。印象として中国側に立ったかのような記事である。

 記事の中身は、中国の南シナ海への軍事拡張の歴史をまとめ、最近の情勢をいろいろと述べているが、注目されるのは2カ所にわたって、中国国防省が前日の17日に朝日新聞の取材に応じたとし、その言い分を紹介していることである。朝日新聞だからこそ特別なコネクションがあり、取材に応じたのであろうか。

 一方、翌日の2月19日には「南シナ海問題 軍事拠点化は許されぬ」と題する社説が出た。「(南沙)諸島での埋め立てを含め、南シナ海での最近の中国の行動は無責任すぎる。中国はただちにミサイルを撤去すべきである。南シナ海をこれ以上、緊張の海にしてはならない」と、比較的強い調子で中国を批判する。

 では、どうすればいいかと言うと、「米国はじめ日韓、豪州、ASEAN諸国など関係国は、南シナ海の安定化を共通の利益として中国に認識させる外交努力を強めるべきだろう」と言うのみである。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。