不倫・乙武氏、妻に謝罪させ“墓穴”…非難殺到 私生活では性豪ぶりを吹聴か (1/2ページ)

2016.03.28

さわやかなイメージだったのに…
さわやかなイメージだったのに…【拡大】

 さわやかキャラから一転、不倫が明らかになったことでベストセラー『五体不満足』で知られる作家、乙武洋匡(おとたけ・ひろただ)氏(39)がピンチに陥っている。やったことがやったことなら、後始末も最悪。妻にまで謝罪させたことで各方面から非難が殺到しているのだ。専門家も「あからさまな間違いだ」とあきれかえっている。

 一部始終を報じた「週刊新潮」によれば、表の顔とは別に、私生活では自身の性豪ぶりを周囲に吹聴していたという乙武氏。妻と子がありながら5人もの女性と関係していたというのだからイメージの低下も甚だしい。自民党から次期参院選に出馬予定とされていたが、今回の騒動でそれも怪しくなってきた。

 今年に入ってから次々と露呈する著名人の「ゲス不倫」。乙武氏に対しても世間の目は厳しい。記者会見をすることなく、ホームページと文書のみで声明を発表したことに加え、夫人の仁美氏にまで「謝罪文」を書かせたためだ。

 「妻である私にも責任の一端があると感じております」「私も深く反省しております」といった仁美氏の言葉に、タレントの鈴木紗理奈(38)が自身のツイッターで「なんで奥さんが謝るのだろう」とコメントするなど、さまざまなところで乙武氏に対する疑問、反発が巻き起こっている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。