報道スタンスに疑義 古舘氏らキャスター降板 「偏ってるんです、私」 (1/2ページ)

2016.04.03

古舘伊知郎キャスター
古舘伊知郎キャスター【拡大】

 テレビ各局を代表する報道番組キャスターが3月、相次いで降板した。テレビ朝日系「報道ステーション」の古舘(ふるたち)伊(い)知(ち)郎(ろう)キャスターは安全保障関連法や「緊急事態条項」を最後まで批判し、31日に番組を卒業。TBS系「NEWS23」などでもキャスターが交代する中、意見が対立している問題で一方の立場のみを代弁するような報道姿勢には疑義が上がっている。

 「人間は少なからず偏っている。情熱を持って番組を作れば多少は番組は偏るんです」。古舘氏は31日の放送の最後、「直言」を貫いてきた12年への自負をにじませた。

 その言葉通り、古舘氏は3月の放送で積極的に自説を展開。安保関連法が施行された29日には「やり直して廃案にするなら廃案にする。そのくらいの気構えで国会をやってほしい」と強調。18日には独ワイマール憲法とナチスの全権委任法を持ち出し、緊急事態条項を盛り込んだ自民党の改憲草案を批判した。さらに、11日には、東京電力福島第1原発事故と甲状腺がんの「因果関係がないというのは甚だ疑問だ」と訴えた。

 古舘氏のほかにも、NHK「クローズアップ現代」の国谷裕(ひろ)子(こ)キャスターが17日に番組を降板。同日の放送は、安保関連法に反対する学生らのグループ「SEALDs(シールズ)」中心メンバーらを取り上げた。TBS系「NEWS23」アンカーを25日に降板した岸井成格(しげただ)氏は「報道は極端な見方に偏らず、世の中の常識を基本とする。権力を監視するジャーナリズムを貫くことが重要」などと強調した。

 テレビ報道をめぐっては昨年、安保法制審議を伝えた番組内容に疑義が相次いだ。作曲家のすぎやまこういち氏が代表呼びかけ人を務める「放送法遵守を求める視聴者の会」は、「NEWS23」アンカーの岸井氏が「廃案に向けてずっと声を上げ続けるべきだ」と発言したことを問題視。政治的公平や多角的な論点の提示を義務付けた放送法4条違反の疑いがあるとして公開質問状を送ったが、岸井氏は回答しなかった。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。